クロノセル(Chrono Cell)口コミは?効果・成分そして最安値は?




年齢を重ねてきて・・・っていってもまだ30代ですが、シワやたるみが気になってきていました。


そんなときに友人から聞いたのが、『ヒト幹細胞培養液』


最近では『幹細胞コスメ』とも呼ばれているようですが、最先端技術をいかしたエイジングケアコスメです。





『 もともとは、植物由来の幹細胞エキスを成分として含んだ美容液が多かったのですが、このクロノセルは【ヒト】幹細胞のエキスなんです♪ 』


【幹細胞】とは、2つの力をもっています。


ひとつは、『自分で自分とおなじ細胞を分裂することで生み出す力』


もうひとつは、『他の細胞に変化できる力』


以上の2つの力をもっています。


この2つの力をもつ【幹細胞】によって病気やケガをなおすために利用としているのがまさに最先端の再生医療のIPS細胞の研究です。


そして、この2つの力を美肌のために利用しようというのが【ヒト幹細胞培養液】を含んだクロノセルです。


コスメランキングでもランキング上位に入っている【ヒト幹細胞培養液】のクロノセル。


今まで何をやってもダメだったという、乾燥肌や目尻の小ジワ、くすみが気になる人、化粧のノリが悪くなってきて気になっている人。





『そんな方には今人気の次世代型スキンケアがいいのでは?』っておもいます♪♪♪


【今なら公式サイト】キャンペーン中だって!!


↓↓12,020円OFFをみてみる?↓↓





■目次1.クロノセル(Chrono Cell)とは?
2.クロノセル(Chrono Cell)の口コミ
3.クロノセル(Chrono Cell)のヒト幹細胞培養液とは?
4.クロノセル(Chrono Cell)のグロースファクター成分は?
5.クロノセル(Chrono Cell)に関する、よくある質問
6.クロノセル(Chrono Cell)の美肌菌とは?
7.クロノセル(Chrono Cell)の天然植物エキス成分
8.クロノセルのカミツレ花エキスのいろいろな作用とは?
9.クロノセル(Chrono Cell)の副作用は?
10.販売会社のFABIUSU(ファビウス)とは?
11.クロノセル(Chrono Cell)の最安値は楽天?
12.クロノセル(Chrono Cell)の解約方法は?



1.クロノセル(Chrono Cell)の効果とは?

クロノセル(Chrono Cell)とは、次世代型導入美容液ともいわれます。


どのあたりの特徴・効果から次世代型といわれるのかというと、いままでは導入美容液といえば、あたらしいところでは卵殻膜エキスなどもその効果などが注目されていましたが、このクロノセル(Chrono Cell)はもっと、最新のところから来ています。


なんと、2012年にノーベル生理学・医学賞として京都大学の山中さんがiPS細胞で一躍有名になりましたが、あれです。あれ。


最先端医療のところからうまれたヒト幹細胞培養液をこのクロノセル(Chrono Cell)は配合しているのです。


ヒト幹細胞培養液クロノセル(Chrono Cell)により、細胞の活動が活性化され、その結果成長因子が増加してターンオーバーが正常化するという効果が期待できます。


さらに、こうした細胞の活性化により抗酸化力が上昇し、悪循環が改善されタンパク質が増加してシワ改善などにつながり、また、ターンオーバーの正常化によりシミ、くすみが改善されます。


このクロノセル(Chrono Cell)の効果などが口コミでも話題になっているのは、その最先端医療の分野からうまれたものということが、注目されているからです。


いままでのどんな化粧品をつかってもうまくいかなかった人は、違った結果・効果を得られる可能性があるので、ぜひとも今、人気のヒト幹細胞培養液を配合している土台美容液であるこのクロノセル(Chrono Cell)にチャレンジしてみてはどうかと思います。


わたしは、肌のハリ・ツヤに悩んで、アンチエイジング対策として多くのものをお試ししてきましたが、今回のクロノセル(Chrono Cell)は、肌の土台から立て直すということで、つかってみました。


実際のところ、少し効果を感じるには時間がかかりましたが、いまは満足して使い続けています♪


やはり、細胞を活性化させて、肌を根本から良くしていくというところで、おそらくある程度は時間はかかってしまうのかもしれません。


私と同じように、何をやってもダメだったヒトにはおすすめです。


↓↓とにかくクロノセルを試してみる?↓↓


※今、公式サイトでキャンペーン中です。





目次に戻る

2.クロノセル(Chrono Cell)の口コミ

さて、ノーベル賞の研究から派生してうまれたクロノセル(Chrono Cell)ですが、この最先端再生医療の美容液の口コミはどうなっているのでしょうか。調べてみました。









使う前はどうかなとおもっていましたが、意外にさっぱりした感じです。













少し時間はかかりましたが、肌のツヤが戻ってきた気がします。













いままで【鏡を見るのが楽しみ】ってことが未経験でしたが、今回経験しています♪













赤ちゃん肌とは言い過ぎかもしれませんが、間違いなく再生している感じ・・・^^













再生医療のヒト幹細胞とアンチエイジング。これからはこれかも♪









目次に戻る

3.クロノセル(Chrono Cell)のヒト幹細胞培養液とは?

クロノセル(Chrono Cell)は、ヒト幹細胞培養液とも土台美容液ともよばれています。


そもそも、ヒト幹細胞培養液とはどういったものなのでしょうか。


まず、ヒト幹細胞の説明をしますと、ヒト幹細胞とは『どんな細胞にもなれる』といわれる細胞です。


ですから、再生医療等で注目されているわけです。そして、この幹細胞を培養、つまり増やす過程でその幹細胞がいろいろな成分を分泌します。





その分泌した成分を多く含んだ培養液が重要なのです。この培養液にはコラーゲンやヒアルロン酸といったタンパク質成分がふくまれていて、なおかつ、この培養液にはいままでの美容液などには含まれていなかった新たな成分も含まれているといいます。


この培養液に含まれている成分の組織を再生するはたらきが、アンチエイジング効果にもつながるのです。それは、たとえば、かたくなった角質を柔らかくするといった働きにもつながるわけです。


クロノセル(Chrono Cell)は角層まで化粧水、クリームといったものが配合している美容液成分を『すーーっと』に浸透させる働きもするといわれます。


だから、口コミでも話題になってますが、肌の土台美容液ともいわれるのです。


有効成分を抵抗なく浸透させて、ヒト幹細胞培養液のはたらきで、細胞の活性化に影響をあたえることで、お肌のハリ・ツヤを復活させるのです。


対処療法的な化粧品だと、つかわなくなるとまた症状がでてしまうといったことがありますが、根本的に肌の下の細胞の働きを活性化しようとする成分を含んだもの、


それが、今、口コミで人気のヒト幹細胞美容液のクロノセル(Chrono Cell)です。



目次に戻る

4.クロノセル(Chrono Cell)のグロースファクター成分は?

さて、ヒト幹細胞培養液であり、土台美容液でもあるクロノセル(Chrono Cell)ですが、3種類のグロースファクター(成長因子)も含んでいます。


口コミでは、そのグロースファクターにひかれて購入している人も多いようなのでチェックしてみます。


3つのグロースファクター(成長因子)とは、@EGF表皮細胞成長因子、AFGF繊維芽細胞成長因子、BIGF因子インスリン様成長因子の3つです。


ひとつひとつ、その成分の特徴を確認しましょう。


@EGF表皮細胞成長因子


EGFとは、Epidermal Growth Factorの略です。上皮成長因子ともよばれ、53アミノ酸残基などからなるタンパク質です。このEGF表皮細胞成長因子は細胞の成長と増殖の調節に重要な役割をはたすといわれています。


このEGF表皮細胞成長因子により、くすみやゴワつき対策がなされます。


AFGF繊維芽細胞成長因子


つぎは、FGF繊維芽細胞成長因子です。


このFGFとは、Fibroblast Growth Factor の略でヘパリンといわれる多糖体とくっつくことで、繊維芽細胞をはじめとする多種多様な細胞に作用して細胞の活性化に働きかけます。


うるおいやツヤにつながる成長因子成分といわれています。


BIGF因子インスリン様成長因子


最後は、IGF因子インスリン様成長因子です。


このIGFとはInsulin-like Growth Factors といってインスリンに似た構造を持つ成分です。


IGF因子インスリン様成長因子は、タンパク質の活性化などに影響をあたえるといわれています。


そして、クロノセルの場合、ハリや弾力に影響を与えるといわれています。



目次に戻る

5.クロノセル(Chrono Cell)に関する、よくある質問

クロノセルは、新しい成分を含んだ美容液でもあるので、やはりいくつか疑問がわくひとが多いようです。


ということでクロノセル(Chrono Cell)のよくある質問をいっしょにみていきます。





敏感肌ですが大丈夫でしょうか?



肌のデリケートな方でも使用できるように処方されています。


ただ、そうはいっても個人差はあるので、気になる人はパッチテストをおこなって使用することがおすすめとなっています。


一番いい使い方は?



朝と晩の2回つかうのがおすすめです。洗顔後に、使いましょう


クロノセル(Chrono Cell)はスポイトタイプとなっています。


10円玉大の大きさで、2〜3プッシュ分をすいとって顔全体にのばします。


そして、それから手のひらでおおきく包み込むように肌になじませていくのがおすすめです。



1回の使用量ってどのくらいなんでしょうか?



1回の使用量はだいたい2〜3プッシュ分で、1日2回、朝と晩に使用するとだいたい1ヶ月で1本(30ml)を使い切るくらいの感じです♪




目次に戻る

6.クロノセル(Chrono Cell)の美肌菌とは?

口コミで人気のクロノセル(Chrono Cell)に配合されている美肌菌とは、表皮ブドウ球菌のことです。





この表皮ブドウ球菌とはエビデルミディスともよばれるもので、皮膚の表面に常に存在している菌のことです。


だいたい5〜7種類存在していて、その数は肌の表面に1,000万から10億も存在しているといわれています。


以前はこの美肌菌の存在が無視されていたのですが、この美肌菌(表皮ブドウ球菌)が汗や皮脂をリパーゼによって分解して化粧品の原料として幅広くつかわれている保湿成分であるグリセリンを生成しているということがわかってきて、いまではこの美肌菌(表皮ブドウ球菌)が注目されています。


この保湿成分であるグリセリンを美肌菌(表皮ブドウ球菌)が生成するので、プルプルでしっとり、そしてつやつやした『ハリのあるやわらか肌』へと導いてくれます。


もし、この美肌菌(表皮ブドウ球菌)がすくないと、『カサカサ肌』『ゴワゴワ肌』へと向かってしまいます。


ということで、いま肌表面に存在している美肌菌というものに注目した菌活が口コミでも人気です。


菌活といえば、腸内フローラを改善して体調を良くしましょうという腸内の菌活があります。


これは、腸内の善玉菌の割合が、悪玉菌の割合とくらべて減少すると腸の働きがおかしくなり、結果的に体調をくずして、お肌にも影響をきたしたりすることがあります。


そのために、腸内フローラをよくするためにヨーグルトなどをたべる菌活がはやっています。





同じことが、肌表面の美肌菌を活性化するという意味で、肌フローラを整える美肌菌活が今注目されているのです。


なにか薬のちからで無理やり肌の状態をよくするのではなく、『肌の本来持っているチカラをひきだす』というところがあるので、人気となっています。


目次に戻る

7.クロノセル(Chrono Cell)の天然植物エキス成分

クロノセル(Chrono Cell)にはいくつかの天然成分が含まれています。これも口コミで人気となっている理由のひとつです。





1.エイジングケア成分としては、アスコルビルソン酸Naをはじめとして、クズ根エキス、オタネニンジン根エキス


2.透明感を引き出す成分としては、ハイドロキノン、アロエベラ葉エキス。


3.しっとりうるおい感を引き出す成分として、キュウリ果実エキス、クロレラエキス。


4.毛穴に働きかける成分としてカミツレ花エキス、アラントイン、グリチルリチン酸2K。


エイジングケア成分として含まれるアスコルビルソン酸Naは、安定型ビタミンC誘導体で、肌に浸透しやすい形で皮膚内でビタミンCに代謝されてメラニンの合成抑制と還元作用の効果を発揮します。


アスコルビルソン酸Naが、無添加の場合の43%のメラニン抑制効果があるという結果もあるといわれていますから、期待ができる成分であります。


ほかに、ハイドロキノンという成分が、透明感を引き出す成分として配合されていますが、このハイドロキノンは、美白をもとめる女性が最後にいきつく成分としても人気となっています。


シミがきえるとか、最強の美白成分として口コミでも人気がありますから、その成分がふくまれているだけでも注目です。


最後に毛穴に働きかける成分として、カミツレ花エキスが配合されています。


このカミツレ花エキスとは、キク科の植物のカミツレで水とエタノール、BG(1,3-ブチレングリコール)の混合液から抽出してつくられるエキスです。


天然成分で、成分組成としては、ビサボロール、カマズレン、テルペンアルコールといった精油、そして、アビゲニン、ルテオリン、アズレンといったフラボノイド類となっています。


もともと、このカミツレ花エキスは、カモミールとよばれハーブティとして親しましれてきましたが、化粧品として配合されることで、収れん作用などを期待されています。


この収れん作用により、肌表面の角層の構成成分であるケラチンタンパク質を収縮させることで、キメの細かい肌へと肌をみちびきます。


これは、むかし障子の張替えのときに霧吹きでみずをかけてやると、ピンときれいに障子がはれたこと同じ理屈です。


目次に戻る

8.クロノセルのカミツレ花エキスのいろいろな作用とは?

クロノセルは、天然成分でカミツレ花エキスを配合していますが、このカミツレ花エキスっていうのは、じつはいろいろな成分を含んでいます。





おおきくは、2つの成分があり、精油成分、そして、フラボノイド類が含まれます。


カミツレ花エキスの精油成分



まずは、カミツレ花エキスから得られる精油に含まれる成分です。


この精油のなかには、ビサボロール、カマズレン、テルペンアルコールといった成分が含まれています。


ビサボロールとは、無色〜淡黄色の透明な液体です。医薬品として承認されている成分で、消炎作用があるので肌荒れをふせぐ作用があり肌を健康な状態に保つために美容液をはじめとしていろいろなものに配合されています。


カミツレ花エキスのフラボノイド類



カミツレ花エキスは、フラボノイド類として、アピゲニン、ルテオリンを含みます。


アピゲニンとは、セロリやパセリに多く含まれていて抗酸化作用のあるフラボノイドです。





最近の研究では、アルツハイマー病などにも効果があるとされるフラボノイドです。


ルテオリンもやはり、抗酸化作用をはじめとして、動脈硬化予防、糖尿病、抑うつなどの予防など幅広く有効に働くとされています。


ヒト幹細胞だけでなく、こうした美容液の基本である成分も配合することで、肌荒れや老化現象を防ぐ成分をしっかりと配合しています。


目次に戻る

9.クロノセル(Chrono Cell)の副作用は?

口コミでも人気だからといっても気になるのが、副作用。


クロノセルの副作用ですが、7つの無添加処方となっていますので、比較的無いものと考えられますが、個人差は必ずありますので、まずはお試ししてみて、おかしいようであれば使用をとめるというのがいいとおもいます。


7つの無添加処方とは、下記のとおりです。


1.鉱物油なし
2.バラベンなし
3.合成着色料なし
4.合成香料なし
5.シリコンなし
6.タルクなし
7.旧指定成分なし

さらに、安心できるところは、このクロノセル(Chrono Cell)は『医学と薬学』という医学雑誌でも取り上げられている点です。


単なる美容液ではなく、医学誌でも取り上げられるという点で、副作用の観点からも安心できる美容液と言えます。





いまなら、クロノセル(Chrono Cell)はキャンペーン中ですので、お試しするのであれば今のうちです。


【今なら公式サイト】キャンペーン中


↓↓【12,020円OFF】↓↓




目次に戻る

10.販売会社のFABIUSU(ファビウス)とは?

クロノセルの販売会社はFABIUSU(ファビウス)となっています。


FABIUSU(ファビウス)さんとは、美容品販売のブランド名で実際の会社名は、株式会社メディアハーツとなっています。


この会社は、資本金3,000万円の会社となっており、売上も2017年度には約100億円あるといいますから、それなりの販売数があり、また他にもいろいろなサプリなど販売していますので、実績としては安心感があります。


ちなみに、ファビウスとは、『Make all Women Beautiful』(すべての女性をきれいに)というコンセプトで商品販売をしています。





そのせいか、クロノセルは、ヒト幹細胞培養液という『年齢肌』が気になる人向けの商品ですが、一方で、まつげに関連する商品だったり、クビレを生み出す加圧式のインナーなど、いろいろな女性向けの商品を開発されている会社さんです。



目次に戻る

11.クロノセル(Chrono Cell)の最安値は楽天?

クロノセル(Chrono Cell)の最安値はどこなのかと思ってまずは楽天をチェックしてみました。


せっかく楽天で検索してみましたが、どうも楽天ではクロノセル(Chrono Cell)のとりあつかいはないようでした。





つぎに、アマゾンでもチェックしてみました。


クロノセル(Chrono Cell)を検索窓に入れてしらべてみました。


アマゾンでは、なんだかよくわからない、少なくともクロノセルとは程遠い感じのものばかり検索結果で表示されていてクロノセル(Chrono Cell)は楽天とおなじく取扱がないようでした。


まぁ、こうした化粧品はとくに、新製品のうちは公式サイトから購入したほうが安いことが多いのでわたしは気にせず公式サイトをチェックしてみると、やはり、、、という感じで、キャンペーン中でした。


いまなら、、ちょうどいま公式サイトで【初回12,020円OFF】となっています。


しかもこのラクトクコースでは、【送料無料】でした。お試しするなら今のうちだと思います。



目次に戻る


12.クロノセル(Chrono Cell)の解約方法

クロノセルのラクトクコースの解約方法は、次の発送日の7日前までに連絡するだけでオッケーです。


その連絡方法も次のように明記されているので安心です。


FABIUSお客様センター

ナビダイヤル:0570-065-699

受付時間: 10:00〜18:00(土日祝日除く)



「電話連絡っていっても、つながりにくいこともあるし、心配。」


そんな人にも、しっかり対応してくれていて、下記のようにも記載があります。


上記電話でのご連絡が難しい場合には、会員様のお名前、ご登録のお電話番号、商品名、休止・解約理由をご記入の上、下記アドレスまでメールにてご連絡下さい。

support@myfabius.jp



ここまでしっかり記載してくれているので、安心感はあります。


なお、いわゆるラクトクコース、定期コースの継続必要期間ですが、4ヶ月となっています。


『え〜結局4ヶ月は続けなきゃダメなの?』って思う半面、効果を実感するには3ヶ月くらいの継続は最低必要だろうとは思ってますので、ちょっと計算してみました。



★単品を3回注文した場合



15,000円×3=45,000円(税抜)

これに送料650円×3=1,950円(税抜)がつくので、合計、46,950円となります。



★ラクトクコースで4回まで継続した場合



1回目が2,980円

2回目以降が9,800円

送料はラクトクコースでは無料なので、

合計、2,980円+9,800円×3+0円=合計32,380円となります。


ということは、単品買いで3ヶ月購入した場合よりも、約15,000円も安く購入が可能で、しかも3本でなく4本手に入ってしまうんです。


しかも、ういた15,000円であと1.5本購入可能ですから、結果的には単品で購入の場合は3本しか購入できないところが、5.5本分も同じ金額で購入できちゃいます。


つまりほぼ、同じ金額で約2倍の量を使えるのですからどうせ本気でやってみようと思うのであれば、ラクトクコースで始めるのがお得です。


↓↓いまならキャンペーン中↓↓




 

サイトマップ